重賞予想

【七夕賞2020予想】マイネル軍団3頭出しの新聞に載らない激裏話

七夕賞はマイネル軍団が[1-2-1-5]勝率11.1%、連対率33.3%、複勝率44.4%と約2頭に1頭は3着以内に好走!今年はマイネルサーパスを筆頭に、ウインイクシード、アンノートルと関連馬3頭出し。チームプレー発動も含めて要注目です!
重賞予想

【CBC賞2020予想】有力馬&ワケアリ穴馬の新聞に載らない激裏話

今年は“幻のG1馬”クリノガウディーが参戦!オーナー・サイダー的に栗本博晴オーナーは阪神ご当地馬主。2018年には中京ご当地馬主ナガラフラワー(9人気)が2着に激走!◎アレスバローズと◎―〇大本線で仕留めたレースですしご期待ください!
2020.07.05
重賞予想

【宝塚記念2020予想】有力馬の新聞に載らない激裏話

サートゥルナーリア、ラッキーライラ、クロノジェネシスが3強を形成する宝塚記念。生き物である競走馬にアクシデントはつきもの。外傷や腫れなど“不都合な真実”が写ると厩舎サイドの管理体制を問われかねません。今年は3強の1頭からも脚元に異変が……?
2020.06.28
重賞予想

【ユニコーンS2020予想】新聞に載らない激裏話

2019年ワイドファラオ、18年ルヴァンスレーヴ、17年サンライズノヴァ、16年ゴールドドリーム、15年ノンコノユメと、過去5年の勝ち馬は全てダート交流G1を制しているユニコーンS。今年も砂の猛者候補が多数スタンバイ。その中でも異色の存在が……
2020.06.21
重賞予想

【エプソムC2020予想】新聞に載らない激裏話

オーナー・サイダー的に要注目は、社台レースホース(以下、社台RH)3頭出しアンドラステ、ギベオン、ソーグリッタリング。社台RHはノーザンF関連クラブの台頭により苦戦を強いられています。特に大レースでの活躍馬が減少しており……。
2020.06.14
重賞予想

【優駿牝馬(オークス)】新聞に載らない激裏話

ここだけの話、デアリングタクトの秘めたる素質は早い段階から、同馬に関わる誰もが気づいていました。事実上のオーナー(ノルマンディーTRは岡田スタッドを母体とする1口クラブ)である岡田牧雄氏は「牧場で併せ馬をして1回も遅れたことはない……」
2020.06.10