【エプソムC2020予想】新聞に載らない激裏話

こちらではご無沙汰しております。オーナー・サイダー予想家、小宮城です。

旧ブログで繰り返しご説明していますとおり、オークスの新聞に載らない激裏話の最終結論を公開時、アクセス過多により更新直後から閲覧できない状態に……。

原因はシステム面の不備でしたが、G1週に再び同じ状況になることを危惧し日本ダービー、安田記念の新ブログでの更新を見合わせ。万全を期して旧ブログで公開しました。

この度はメモリを大幅に増強。念には念の入れG1谷間週で全体のアクセスが減少するエプソムCに再出発となった次第です。

読者の皆様に多大なご迷惑をかけてして申し訳ございません。今週から改めて当ブログでは馬主関連の話題を中心に、重賞の新聞に載らない激裏話を公開していきます。

 

【エプソムC】社台レースホース3頭出しに要注目!

近年では稀にみる豪華メンバーが揃ったエプソムカップ(G3、東京芝1800m)。

これは先週の安田記念が昨今の世界情勢により有力馬の多くが海外遠征を見合わせたことにより、例年以上にレベルが高かった反動でしょう。

その中でもオーナー・サイダー的に要注目は、社台レースホース(以下、社台RH)3頭出しアンドラステ、ギベオン、ソーグリッタリング。

旧ブログや秘密のバイト先(!?)をご覧になられている読者諸兄はよ~くご存知のとおり、社台RHはノーザンF関連クラブの台頭により苦戦を強いられています。

牡馬牝馬クラシック二冠をコントレイル、デアリングタクトと非社台系牧場の生産馬に持っていかれた状況下でも蚊帳の外。春のG1に出走した所属馬は両手で数えられるほどに留まり、馬券に絡んだのは天皇賞春・春2着スティッフェリオ(11人気)のみ。

特に大レースでの活躍馬が減少しており、馬主リーディングでもサンデーR、キャロットF、シルクRに続く4位が指定席と化しています。

この状況を打破すべく今回はアンドラステを牝馬限定のハンデ重賞マーメイドSではなく、あえて牡馬相手に所属馬3頭出しとなるエプソムCに参戦してきました。

ギベオンも2018年NHKマイルC2着など、本来であれば安田記念に使っても不思議ない実績の持ち主。ソーグリッタリングは昨年のエプソムCは1番人気で3着と、いずれも激走の可能性を秘めた実力馬になります。

社台RH3頭出しの取捨は14(日)昼更新の記事までお待ちいただくとして、三者三様ならぬ三頭三様、脚質に自在性がある馬ばかり。今春のG1戦線で競馬ファンの話題を集めたチームプレーを繰り出せば、台風の目になるかもしれませんよ?

次回更新は6月11(木)を予定しています。登録上オーナーが異なる社台RH3頭出しの“頼もしい仲間”に、スポットを当てる予定です!

【6/11(木)更新】社台RH3頭出しの“頼もしい仲間”

 

本日はエプソムCに出走を予定している社台RH3頭出しアンドラステ、ギベオン、ソーグリッタリング“頼もしい仲間”アトミックフォース(馬主:吉田千津)にスポットを当てたいと思います。

改めて説明するまでもなく、吉田千津オーナーは社台RHの母体である社台F代表・吉田照哉氏の妻になります。

すなわち、社台RH3頭出しとアトミックフォースは登録上オーナーが異なるだけで、社台F関連の馬主名義……ということ。

事実、アトミックフォースの半兄アルバタックス(OP)は、社台RH名義で走っていました。

ここで旧ブログから毎日ガン見している読者の皆さんが気になるのは、「社台F関連馬4頭出しのチームプレーはあるのか?」ですよね。

結論から先に書くと、オークスの新聞に載らない激裏話で紹介した赤い三連星と同じく馬主組織戦でも、スマイルカナのような事実上のペースメーカーとしての役割ではない……と断言できます。

理由は単純明快。アトミックフォースは登録上の名義こそ吉田千津オーナーも、実態はLEXPROで募集された個人馬主向けオーナーズ所属馬(※1)だからです。

個人名義とは異なり共有馬主がいますので、代表夫妻の関連馬を勝たせるためラビットにするなど道義的に絶対NG。組織戦の駒として使う場合でも玉砕覚悟の特攻逃げではなく、自らも残ろうとする“前門の虎、後門の狼チームプレー”の形になるでしょう。

それにアトミックフォースが無理に先手を奪わなくても、社台F関連の逃げ馬はもう1頭います。次回更新は6月12日(金)を予定していますのでご期待ください!

※1ブログ参考画像(LEXPRO 販売馬情報より)

【6/12(金)更新】展開の鍵を握る(!?)、ダイワキャグニーに注目する理由

本日は今年のエプソムCで展開の鍵を握る1頭、ダイワキャグニー(馬主:大城敬三)にスポットを当てたいと思います。

重賞未勝利とはいえオープン特別5勝の実績はメンバー最上位。エプソムCと同舞台の東京芝1800mのメイSを2018、19年と連覇しており、コース適性も文句ありません。

ただ、重賞では安定性に欠ける面があり、前哨戦快勝の余勢を駆って1番人気に支持された18年エプソムCは道悪に泣き二桁着順に大敗。その後も好走と凡走を繰り返し、前走の新潟大賞典では出遅れて競馬にならず14着に敗れています。

しかし、だからこそ今回は狙い目でもあります!

ダイワキャグニー(生産:社台F)は登録上オーナーこそ異なるとはいえ、広い意味では社台RH3頭出しアンドラステ、ギベオン、ソーグリッタリングや吉田千津オーナー名義のアトミックフォースと同じく社台F関連馬。先手争いを繰り広げる必要はありませんよね?

幸い、非社台系の同型馬トーラスジェミニは大外18番に入りました。この枠から強引に先手を主張するにはスタート直後に相当な脚を使うだけに、3枠6番の好枠を引き当てたダイワキャグニーにとっても有利に働くはず。

あとは日本における馬主組織戦の元祖(!?)、ラフィアン2頭出しマイネルハニー、マイネルファンロンの出方にさえ気を付ければ、関連馬5頭でレースを支配することは理論上可能になります。

社台RHは1歳馬募集を開始する需要な時期だけに、何としても重賞タイトルが欲しいはず。できればクラブ所属馬3頭。最低でも生産馬に勝ってほしい……。今年のエプソムCは社台F関連馬5頭に走りから目が離せません!

次回更新は6月13(土)を予定しています。昨年は東西外厩ワンツーを決めた真打ち登場にご期待ください。

【6/13(土)更新】エプソムCはノーザンF関連馬が熱い!

ここまでは1歳馬募集を控えた社台RH3頭出しと、展開の鍵を握る社台F関連馬にスポットを当ててきました。

しかし、エプソムCで忘れてはならないのがノーザンF関連名義馬の活躍です。

 

2019年

1着レイエンダ(5人気) 馬主:キャロットF

2着サラキア(7人気) 馬主:シルクR

2018年

1着サトノアーサー(2人気) 馬主:サトミHC

3着グリュイエール(5人気) 馬主:金子真人HD

2017年

2着アストラエンブレム(2人気) 馬主:シルクR

2016年

1着ルージュバック(1人気) 馬主:キャロットF

2着フルーキー(2人気) 馬主:金子真人HD

2015年

2着サトノアラジン(1人気) 馬主:サトミHC

 

上記は便宜上、登録上オーナーや東西外厩(ノーザンF天栄、しがらき)の区別なく、ノーザンF生産馬という形でまとめました。

事実上、日本の競馬界を制圧したノーザンFは、G3重賞でも圧倒的な成績をマークしています。

それもそのはず。エプソムCには十八番の使い分けによって安田記念を見送り名より実を取った馬達が毎年出走してくるのですから……(16年ルージュバックなど)

ファンの立場だと「G3くらい他の生産牧場に譲ったら?」と思ってしまいがちも、圧倒的な物量を誇るノーザンFにとってはG1の谷間週だからこそ、狙って仕留めやすい重賞なのです。

今年出走を予定しているサトノアーサー(馬主:サトミHC)、サラキア(馬主:シルクR)、シャドウディーヴァ(馬主:スリーエイチR)、レイエンダ(馬主:キャロットF)は、いかにも「G1? そんなの関係ねぇ」という馬ばかり(笑)

インビジブルレイズ(馬主:シルクR、生産:アイオイF)を含めた5頭は人気を問わず狙って損はありませんよ!

エプソムCの最終結論は6月14日(日)12時半頃に更新を予定しています。本命は勝負がかりの社台Fなのか、それとも信頼と実績のノーザンF(!?)。ご期待ください。

 

【6/14(日)更新】エプソムC最終結論!

 

アンドラステ(馬主:社台RH、生産:社台C白老F)

社台RH3頭出しで最も未知の魅力を感じる1頭。左回り適性を考慮して牝馬同士のマーメイドSではなく、牡馬相手のエプソムCに挑戦。当初は6/21(日)米子S(L、阪神芝1600m)に出走を予定していたのを前倒しするなど、並々ならぬ勝負気配が感じられます。

また先日発表された社台RHの1歳馬募集ラインナップに、アンドラステの半妹ヴァリディオル2019(父ドゥラメンテ)が名を連ねているのも見逃せません。母は独G1勝ち馬とはいえ、牝馬ながら募集総額3000万。大レースでは不振の社台RH所属馬なのに少々強気の値段設定では?(いや、十分安いんですよ。社台Fにしては!?)

心の本命馬ダイワキャグニー(馬主:大城敬三、生産:社台F)

社台F関連馬5頭出しの先行担当。ここだけの話、今回からブリンカーに“細工”を施したらしく、中間の稽古で装着後は「集中して走れるようになった」とのこと。同型馬アトミックフォース(馬主:吉田千津、生産:社台F)と競り合う必要はないだけに、スタート五分に出れば粘り込みがあっても驚けません。

来週は3歳限定のダート重賞、ユニコーンSの新聞に載らない激裏話を6月17日(水)より順次公開を予定しています。2戦2勝カフェファラオにサウジダービー勝ち馬フルフラットなどが出走を予定しており激戦必至。ご期待ください!

小宮城

1978年千葉県出身。17歳のときに悪友に連れられ競馬と出会って以降、その半生をかけて没頭。「馬主にとって競馬とはあくまで『経済活動』である」という見地に立ち、厩舎・牧場との関係性に着目した「オーナー・サイダー馬主馬券術」を完成。月刊誌「競馬の天才」で長期連載中。

小宮城をフォローする
質問応援メッセージはこちら

重賞予想
シェアする
小宮城をフォローする
小宮城の馬主馬券術~オーナー・サイダー